こぼれたミルクに泣かないで☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆  また今日もぐだぐだ書いてみた    ☆

<<   作成日時 : 2007/04/18 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2





今夜はこのブログを書いてから、寝る前に読む本がある

画像


乙一さんの小生物語

乙一さんがネットで書いていた日記を綴ったもので、書店で偶然目にしたのだけど、気付いたら即買いしていた

乙一さんの小説はいくつか読んだことがある。特に暗いところで待ち合わせ≠ヘ面白かった。
その乙一さんが書いた日々。とても興味があった。

さっきパラパラとめくって最初の数ページ読んでみたけど、内容はたわいもないこと。

でも、何故か次から次に読み進めたくなる感じ。面白い。

私は、人の日記(盗み見する。という意味ではないよ)とかエッセイとかを読むのが好き

自分以外の人が毎日どんなことを考え、生活しているのか。

コンビニで買い物をする。それだけのことでも人によっていろいろな感じ方や視点がある。


そして、自分自身も日記を書くのが好き。

とは言っても、私の場合、誰にも見せない自分専用ノートに日々を書き連ねることが好きなわけではなくて、誰かに読んでもらう公の日記を書くのが好きなのだ。

記録というよりは、見せるためのもの。

学生時代、担任に読んでもらう日記とか、家庭では親宛に手紙を毎日書いたりしていた。

あたしは口ベタ(余計なことは誰よりも喋るけど肝心なことは上手く説明できない)なので、書くことで気持ちを相手に伝えようとするのかも。


小学生の頃担任に

「アンネの日記って知ってる?」

と問われたことがある。

「一回読んでみて。そしてそういう感じであなたも日記を書いてみたらどうかな?」

そう言われて私は嬉しくなってすぐ図書館で借りた。

戦争のこと、ナチスドイツの恐ろしさ、そういう面でも印象深い本だったけど、「日記」という点から見ても学ぶところが沢山あった。

私もこういう風に書けたらいいなぁ。と思って毎日先生宛に日々を綴った。


今はブログで毎日を書いてるけど、長らく「書く」ということをしてなかったからか、いまいち思う様に書けないでいる。

作家さんの書く日記は、平凡なのだけど視点が凡人と全然違うのだ。

子供の時は、ただなんとなく文章として読みやすくて素直に書いてれば良かったのだけど、大人になって書く文にはいろいろな雑学や知識、知恵が必要になってくる。

他の人の書いたブログを読んでも、なんかだらだらっとしか読めないものと、おっ!何でだろう。面白い!っていうのがある。

個性とか人間性も関係してくるかな。


昔の日記を読み返してみても考えてることもほぼ変わりないし、あたしって年を重ねていってるだけで成長ってものがないのかもしれない。。。とちょっと不安になるのだけど、それもまた「日記」!成長がないじゃんって気付かせてくれる大切な記録。誰かに宛てて書いてるはずが実は、未来の自分に1番読んで欲しいものなのかもしれない。

今日はこの辺で








             









・・・乙一さんの文庫、また数ページ読んでみたんですけど、言うほどではないかもしれない。結構フツーな感じ。
  

ぐたぐた言ってんな!日記は単に日々を書くだけの記録なんだよっ!って言われた気分

もーーーー!!結局あたし何が言いたかったんだ(w>ω<w)☆★






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これまた懐かしいき選曲で。
学生時代にオーボエを吹いていたので、この曲の中のオーボエの音色に反応した記憶があります。
ボクは日記が苦手だったので、いまこうしてブログを書き続けているのが信じられない。
ネコ丼
2007/04/18 23:46
☆ ネコ丼さん ☆
あたしの好きな曲って10代の頃に聴いていた曲ばかりなんですよね。何故かというと音楽に対して1番アンテナ張ってた時なので。
オーボエの音色ってホーホーっていう感じですよね。あたしも吹奏楽とかしてみたかったな☆
ネコ丼さんの日記(ブログ)もなかなか面白いですよd(。ゝω・´)
綾子
2007/04/19 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆  また今日もぐだぐだ書いてみた    ☆ こぼれたミルクに泣かないで☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる